ホーム > 産業用防護服 > マックスガード救急活動用感染防止衣 2765(レギュラータイプ)

マックスガード救急活動用感染防止衣 2765(レギュラータイプ)産業用防護服

2765

レギュラータイプ。高輝度反射材つき。究極の最新テクノロジーを駆使し、デザイン性・機能性にこだわった最高品質の救急隊員向け感染防止衣。

商品説明

エイブル山内(株)は国内企業間の共同開発で感染防止衣に最も重要な『人工血液バリア性クラス最高6』を有する高性能感染防止衣MAXGARD®を開発し、すでに厚生労働省、東京都、総務省、防衛省、消防庁ほか、各都道府県で多くの納品実績があります。

特徴

■最新テクノロジーSFS構造素材を採用
血液・体液等の浸透を防ぐ高いバリア性と透湿性を兼ね備えた、透湿フィルムとスパンボンド不織布の三層構造です。
■バリア性と透湿性を同時に備えた高機能素材を採用
バリア性と透湿性という相矛盾する機能を同時に備えた高機能SFS 素材を採用することで、飛沫・体液・血液をバリア
「人工血液バリア性 クラス6」(最高クラス)
「ウィルスバリア性 クラス6」(最高クラス)
「透湿度7200g ※ /m2/24h 以上」 ※一般的に4500 以上で快適なレベル。
■軽量かつ頑丈、高い伸縮率で激しい動きをサポート
重さはわずか60±5g/㎡と軽量でありながら、引張強さは、縦150N/5cm、横60N/5cm以上。
引張伸度は、縦50%、横50%以上。引裂き強さは、縦20N、横20N以上を実現。
救急隊員に求められる激しい動きをしっかりサポートします。
■夜間作業を考慮し視認性・識別性を高めました。
夜間、暗やみ、閉鎖空間での安全性を高める高性能な反射テープを標準装備しています。(上衣×6ヶ所・下衣×2ヶ所)

仕様

救急活動用の防護衣として細部までこだわったデザインを追求
●YKKファスナー
●胸、脇ポケット(マジックテープ付)
●ペン刺し(左腕、右脇ポケット)
●袖ゴム入り
●スリット
●反射テープ(シルバーもしくはオレンジ)
■オプション夜間でも視認性の高い名入れが可能
(名入れは高純度の再帰反射インクを使用して、夜間での視認性を高めました。)
※記載されている会社名、システム名、製品名は各社の商標または登録商標です。

マックスガード救急活動用感染防止衣 2765(レギュラータイプ)のTOPへ